一度で決まる車の塗装方法をご紹介

マイカーを所有している方も多く、大切に乗っていても、経年劣化などによってボディの塗膜が剥離してしまったり、傷が付いてしまい塗料が落ちてしまうこともあります。このような状態では綺麗に見せることができないことの他に、放置してしまうと錆が出来てしまう可能性も高まるので、早期に修理を行うことが良い方法です。現在では便利に使える車用の補修材も販売されていて、同人塗装関連のアイテムも充実しています。これらの道具類を駆使して作業を行ったならば、再び美しい塗膜を維持できるので、諦めずにチャレンジしてみることもおすすめです。一度で決まる施工方法なども存在しているので、作業の経験の無い方のケースでは、まずはその手順を十分に把握してから作業を行うことが何より大切なことです。

最初の段階で行うことが必要になる作業工程

車の塗装を行うことを考えている方ならば、劣化してしまっているボディの部分に対して、マスキング処理を行うことが大切です。何も問題が無い場所に対しては、マスキングで隠す作業を行い、塗料が必要な場所だけを表面に出す作業が求められています。その後は耐水ペーパーを利用してボディを何度も磨く作業を行い、余計な汚れや余計や塗料を除去することが必要です。凹みなどが無いボディの場合では、耐水ペーパーを活用する方法で、下地を綺麗に調整することができるので、マイカーのラインに沿って丁寧にヤスリがけを行う方法で、塗料の準備を済ませることができます。ヤスリがけが不十分な場合では、塗料が上手に付着できない状態に陥ってしまったり、輝きにも影響を及ぼす内容なので、非常に大切な作業工程として挙げることができます。

各種塗料を使い分けて綺麗に施す方法

車の補修として塗装作業を行う場合では、一度で綺麗に決めることが大切なことです。失敗してしまった場合では、補修部分が余計に目立ってしまうことがあるので、一定のテクニックを把握する方法で失敗を防げます。最初に行うことは下地用の塗料を使って塗り広げる方法です。一般的に売られているタイプでは、グレー系のカラーのものが該当していて、均一に塗り広げることで下地を保護できます。次にカラー塗料を使うことになり、コツとしては1度で塗る方法ではなく、3回程度に分けて塗る方法です。3回目の施工に関しては、垂れない程度に少し多めに吹き付ける方法で、綺麗に仕上げられます。最後にクリアラッカーを用いる方法で終わらせることができますが、周囲との色の違いが出てしまっている場合では、ボカシ剤の塗料が販売されているので、効果的に利用できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加