初心者でも失敗しない愛車にオススメの塗装方法

自動車を所有している方の中には、大切に取り扱いをしている方も多く、普段は洗ったり、内装の拭き掃除などを行っている方も多く存在しています。大切に扱っていても、ある程度の年数が経過してしまうと、錆などが発生してしまったり、目立った傷がボディに付着してしまうことも多い傾向にあります。このケースでは、下地処理を行ってから塗装作業を行う方法で、元通りの状態に戻すことができ、現在では修理工場を使う方法の他にDIYでも施工することができます。特に自宅で施工することを考えている方のケースでは、一定の手順やテクニックを把握した上で実施することがおすすめの方法になるので、最初の下地の処理方法から順番に習って施工を進めていく方法で、失敗せずに綺麗に修復させることに成功できます。

塗装前の下準備を十分に行う方法について

初心者であっても、愛車の補修として錆が発生してしまっている場所や、傷が目立っている場所を修理することは不可能ではありません。カー用品店やホームセンターのカーコーナーなどを利用すると、補修用のアイテムの数々が売られている状態にあるので、比較的簡単に修理を行うことができます。下地準備は非常に重要になり、錆が出来ている部分に関しては、耐水ペーパーなどを利用して、十分に除去することが必要です。傷の部分も同様で耐水ペーパーで磨く方法で、下地を綺麗にすることができます。凹凸が出来ていたり、穴が開いてしまっている部分があれば、専用のパテを利用して硬化させてから磨く方法で、下地をなだらかで美しいラインを保っているボディに施すことができるので、慎重に作業を進めることが必要です。

仕上げに関して必要になる作業の全て

下地補修を行ったボディに対して、初心者の方が塗装を行う方法に関しては、まずは下地専用のラッカーを使うことが大切です。このラッカーに関しては、細かな傷や溝を埋める効果を持っていることの他に、接着剤のような使い方を行うことができるので、塗料を上手にボディに密着させるときに必要なアイテムです。その後はボディのカラーに適合しているラッカーを使う方法になり、一般的には20センチ以上離れた場所から、該当する場所に向けて、3回塗り程度で仕上げることが良い方法です。完全に乾燥した場合では、クリアラッカーを用いてボディに吹き掛ける方法で、美しい輝きを持ったボディに仕上げることができます。最終仕上げとして、2000番以上の耐水ペーパーや、液体状のコンパウンドを使い、ボディを磨く方法で、完全に綺麗に施工することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加