実際の画像で観る車の塗装の成功例と失敗例

自動車の場合では、ボディに塗料が塗られているので、劣化してしまことがあります。放置している状態で長期間にわたって停めている場合などでは、塗料が剥がれてしまうことも多く、メンテナンス次第では劣化が進んでしまうことがあります。現在では修復するために必要な道具類も簡単に入手できるので、DIYの作業として自ら施工することも不可能ではありません。一方で専門業者に依頼して修復させる方も存在していますが、どのような方法でも失敗してしまうことが無いように十分な配慮が必要です。塗装方法に関しては一定のテクニックや必ず必要とされる手順などがあるので、知識を持っている方が施工を行う方法で、失敗してしまうことなく綺麗なボディを取り戻すことができるようになります。その後のメンテナンスも重要ですが、塗料の扱いに関しての技術は非常に大切です。

失敗してしまった例から学ぶ大切なこと

インターネットなどを見ていると、DIY等で自動車の塗装を行っている方も数多く見つけることができますが、掲載されている写真などを見ることができる場合もあり、その中には失敗例なども多数見つけることができます。失敗してしまった例に関しては、施工した場所が周囲と明確に違いが分かるほどに、色が異なっている場面があります。市販されている塗料の中でも近似色を選ぶことが行われていますが、明らかに色が違う場合では、専門業者に任せる方法で解決する方法があります。自主的に行うには、塗料をカラーナンバーで作っているお店も存在しているので、このようなお店の利用でも解決できます。艶が十分にないという失敗例もあります。この場合では太陽光などを反射させた場合に、確認することができる内容ですが、艶を出すためには、何度もヤスリがけを行うことが必要になる場面もあるので、一定の技術を学んだ上で施工することが良い方法です。

成功例で見ることができる綺麗な施工について

自動車のボディに対して塗装を施すような場面では、インターネットを利用すると成功例の写真などを見ることができます。成功例に共通している部分に関しては、周囲との色の差が無い状態で、塗料を使った境界部分が分からない状態、他にも十分な艶が出ている状態などを挙げることができます。このような施工方法に関しては、下地処理を十分に行い、ヤスリがけをきちんと施工している場合に効果を発揮させることができます。重ね塗りを何度も行うことが必要ですが、表面が常に滑らかになるように配慮することも大切です。境界部分に関してはボカシ剤を利用する方法や、クリアラッカーを利用した後に、境界部分に対してコンパウンドで磨きをかける方法でも対処できる場合もあります。必要に応じて各種道具類を使い分けることも大切になるので、事前に道具に関しての知識を得ておくことも欠かせません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加